白銀の世界に自分だけの空間、聞こえる音は風の音のみ。そんな時間を体験してみませんか。
冬山はちょっと抵抗がある、という方に
冬山の楽しさ、雪の美しさをお伝えできればと思いスノーシュー体験ツアーを今年も実施します。
がむしゃらに歩くのではなく、景色を楽しみ雪の感触を楽しみ、食事も楽しみたいと思います。雪の上で食べる鍋にビールは最高です。こんなにビールが旨いのか、とも思います。ついつい食事の時間が長くなってしまうのが、悩みの種ですね。
雪の上を思うがままに歩く楽しさをお客様にも伝えたいと思います。

諏訪地方では数カ所のスノーシューエリアがあります。初心者の方から上級者まで楽しめる八ヶ岳に是非いらっしゃいませんか。
登山歴30年、山岳ガイドのオーナーがご案内致します。
トップページ宿泊予約ご案内地図お勧め情報お客様の写真お料理の写真
フィールド情報トレッキング入笠山案内図ブログもえぎ野通信原村と周辺の歩き方
・スノーシューで雪の上を歩くというのは、予想より大変なことです。普段歩くのには付
 けないようなものを付けて、雪の抵抗は思ったよりあります。夏山の行動時間よりも
 多めにかかります。体力に応じたコース、行動時間を考えましょう。
・山の天候は急変します。途中でコースなどが変わることもあります。ご承知おきくださ
 い。
2名様の場合 お一人様 19,300円 (1泊3食、ガイドツアー付き)
3名様の場合 お一人様 18,800円 (1泊3食、ガイドツアー付き)
4名様の場合 お一人様 18,300円 (1泊3食、ガイドツアー付き)

この他にガイド(私)のロープウエイ代やゴンドラ代をご負担頂きたいと思います。
 北八ヶ岳ロープウエイは1900円、入笠山の場合は1650円になります。
・費用に含まれる物は、宿泊代、 ガイド゙料、保険代、 スノーシューレンタル代、
 昼食代です。
 
ロープウエイやゴンドラの料金および下山後の温泉代などは、含まれません。
・ツアーには、昼食(軽食) と飲み物が付きます。
・その他の嗜好品は、お客様でご用意ください。
・宿泊代の他に、
冬季暖房料一室ご利用につき500円がかかります。
大人2名様〜4名様 1日1組のみとさせて頂きます。
・4名様まで対応させていただきます。
・昼食は、ツェルト(簡易テント)を張ってその中で食べますので、そのスペース上4名様
 までかなと思います。というよりスノーシューが4台しかないのが、本当のところです。
12月末から3月中旬まで 開催可能ですが、
 ほかのお客様の宿泊予約や、雪の状態で開催出来ない場合があります。
 詳しくはお問い合わせ下さい。
・前日あるいは当日に、当宿にご宿泊いただきますようお願い致します。
・宿泊お申し込み時に、スノーシュー体験ツアーもお申し込み下さい。
・昨今の暖冬の影響で、年々実施期間が短くなってきています。雪の状態次第
 では3月初めぐらいで終了する場合がありますので、ご了承ください。
 なお、3月に入ると雪質次第では、アイゼン雪山登山をお勧めする場合があります。
詳しくは、予約状況をご覧下さいませ。
持ち物について テルモス(水筒)やサングラス日焼け止めは必需品です。これから
 の冬山では紫外線が強くなります。これが無いと大変なことになり
 ます。できれば
登山用スパッツもあればご用意ください。
服装について ・基本的にスキーやスノーボード用の服装で大丈夫です。
・手袋や帽子なども必要です。
靴について ・スノーボード用の靴など、足首が比較的自由に動くもので、防水性
 のあるものがいいです。スキー靴は、足首が固定されるため歩きづ
 らいです。
 できれば、雪山用の登山靴があればベストです。
昼食にはこだわっています。
他でのスノーシュー体験を聞くと、昼食は朝作った弁当を、吹雪の中で食べたとか立ったまま食べたとか聞きます。当然冷めたつめたいご飯になりますよね。
そんなのガマン大会じゃないですか。
私の昼食は、右の写真のようにツェルト (簡易テント) をはって風を防いだ状態で、その中であったかいお鍋をします。昨シーズンは豚汁に、キムチ鍋をしました。火を炊くのでツェルトの中はすっごくあったかいんですよ。
雪でテーブルをつくり足を降ろせるようにして、ゆったりとした食事の時間。こういう事をするので人数も3名様までしか対応できません。
それにビール、これが最高にうまい!いつもこんなにうまいビールが世の中にあるかって思います。汗をかいているのでおいしく感じられるのですが、是非ご賞味くださいませ。
                        と、昼食にかける思いをつづってみました。
昔からクロカンスキーのコースとして整備されてきましたが、近年それがスノーシューにとって変わられています。ピラタスロープウエイを利用できるので、アプローチが楽です。麦草峠まで行き一周するコースが一般的ですが、行動時間が長く上級者向きです。天気の安定する3月がお勧めです。
3〜4時間・・・
  コース
ロープウエイ山頂駅〜雨池峠〜雨池
           (往復 約4時間)
5〜6時間・・・
  コース
ロープウエイ山頂駅〜五辻〜麦草峠〜雨池〜縞枯山荘〜山頂駅
              (約6時間)
下山後の温泉 「蓼科温泉共同浴場」
ツアー体験リポートのページ
  2008年
   雨池半日コース
   北八ヶ岳一周1日コース
2010年
 北八ヶ岳一周1日コース
 雨池半日コース
2009年
 雨池半日コース
 雨池半日コース
 北八ヶ岳一周コース
2011年
 北八ヶ岳一周1日コース
このルートはアイゼンピッケルの世界と思っていたのですが、2012年に行ってみて、ほとんどの人がスノーシューで来ているのを見て、考え方を改めました。
ただ、スノーシューより登山の要素が多分にあります。大石峠から茶臼岳への登りはほんとに急登で、1時間は必死のパッチで登らないといけません。
でも、茶臼岳展望台からの茅野諏訪方面の眺め、縞枯山展望台からの佐久浅間山方面の眺めは、なかなかのものです。
縞枯山から雨池峠へのルートは、直滑降のごとくボブスレーに乗っているように下ります。変化のあるルートです。
5〜6時間・・・
  コース
ロープウエイ山頂駅〜五辻〜大石峠〜茶臼岳〜縞枯山〜雨池峠〜
山頂駅          (約6時間)
3〜4時間・・・
  コース
ロープウエイ山頂駅〜五辻〜縞枯茶臼のコル〜茶臼岳山頂〜縞枯山頂〜雨池峠〜山頂駅  (約4時間)
下山後の温泉 「蓼科温泉共同浴場」
2012年
 北八ヶ岳 茶臼岳縞枯山
富士見パノラマスキー場の上部にあり、スキー場のゴンドラを利用できるので、アプローチが楽です。冬山初心者の入門コースにも使えます。ゴンドラを降りて1時間で山頂に立て、スノーシューエリアは、その辺り一帯です。
近年鹿の食害で、入笠湿原や旧スキー場跡などに柵が設けられそのエリアに入りにくくなったのが残念ですが、ここはスノーシューの醍醐味が味わえるところです。
3〜4時間・・・
  コース
ゴンドラ降り場〜入笠湿原〜入笠
山頂            (往復)
下山後の温泉 「ゆ〜とろん水神の湯」
ツアー体験リポートのページ
  2008年
   入笠山半日コース
2011年
 入笠山半日コース
   すべり台動画あり(46秒)
2009年
 入笠山半日コース
2012年
 霧氷の入笠山
2010年
 入笠山半日 コ ー ス
車山高原スキー場のリフトを利用して、一気に車山山頂まで。
360°の大展望が得られます。
晴れた日には遠くは北アルプス白馬岳から御嶽山、中央、南アルプス富士山まで見えますよ。
そのかわりここは氷の世界、さえぎるもののない場所です。
その後は下りのみですが、広大な斜面のどこでも歩けます。スノーシューの醍醐味を味わえるところです。
ちなみにこのコース、今までで1度しかいったことはありません。
あしからず。
3〜4時間・・・
  コース
霧ヶ峰散策、八島湿原一周
5〜6時間・・・
  コース
車山山頂〜八島湿原〜物見岩〜蝶々深山〜車山高原スキー場
下山後の温泉 「白樺湖すずらんの湯」
どちらも ピラタスロープウエイ山頂駅を起点に、4時間ぐらいで行動できる山行です。
山頂からは大展望が見られ、特に北横岳山頂は360°の大 パノラマです。
縞枯山、茶臼岳からも180°の展望です。

冬山初心者の方には最適ですが、
最低でも6本爪のアイゼンは必要です。ピッケルは特に必要ありません、ストックで十分です。

北横岳・・・ ロープウエイ山頂駅〜坪庭〜北横岳ヒュッテ〜山頂 (往復)
          行動時間 約3時間半
茶臼岳・・・
縞枯山
ロープウエイ山頂駅〜雨池峠〜縞枯山〜茶臼岳展望台 (往復)
          行動時間 約4時間
このページのトップにもどる